ひとつむぎの手

ヒエラルキー社会といえば「白い巨塔」に代表される医療系の大学。
そこの医局員たちの悲喜こもごもの揺れ動く感情を描写した作品。
フィクションだと思うが、ノンフィクションに限りなく近いと思うのは私だけだろうか?