Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

院長プロフィール

プロフィール(Dr’s profile)

関歯科/矯正歯科医院 院長
関 孝史(Takafumi Seki)

所沢、小手指の地で開業して30年以上が経過してしまいました。

平成の元号改正はテナントでスタートしたばかりの歯科医院で聞いた記憶があります。とてもありがたいことに、開業当初の患者さんが今も時折来院されます。また、当時小さかった患者さんがお子様を連れて来院されたときには感慨一入です。疲れが吹き飛ぶ瞬間です。

思えば歯科の技術や材料は開業当時と比べ激変いたしました。歯科大学でも新しい専門科(インプラント科・高齢者歯科・障害者歯科・口腔リハビリテーション科・顎関節科・疼痛外来・デジタル歯科診療科… 等々)が新設され、昔はそれぞれ独立していた矯正科や小児歯科は成長発達歯科の括りで連携されるようになりました。これらの専科は私が歯科大学を卒業した頃は無かった科(専門教室)です。

歯科インプラントの分野では、メーカーも凌ぎを削り様々な会社が統廃合を繰り返し新たなインプラント材料が登場していますし、CTや3D技術もこの10年で大きく進歩しています。精度の高い診断技術と歯科材料の進歩で安全性の高いインプラント治療を選択、提供できるようになりました。

矯正の分野では、ワイヤーで動かす従来の方法の他に、マウスピース(アライナー)で歯を動かす技術が確立され(インビザライン)、全世界では500万人以上の人がこの新しい矯正法の恩恵を受けています。

当医院のインプラント治療や、矯正治療も時代の変遷とともに大きく変化しています。インプラントでは国内3社のインプラントを奨励に応じて使い分け、矯正ではインビザライン(マウスピース矯正)の使用ライセンスを取得し症例数も増えております。これからも時代の変遷と共に歯科医療の水準を上げ、研鑚を積みながら地域医療に貢献したいと思っております。

末筆になりましたが、当医院の矯正専門医は30年以上前のテナント開業当初、受付脇の籠の中でおとなしく寝ておりました長男でして、現在は歯科大学矯正科大学院を卒業し、現在矯正医として手伝ってくれております。
時代の流れを感じます….

 

学歴(Academic career)

  • 1978.3 埼玉県立川越高校 卒業
  • 1978.4 城西歯科大学歯学部 入学
  • 1984.3 同上 卒業
  • 1984.4 城西歯科大学口腔病理学講座 入局
  • 1984.5 歯科医師国家試験合格
  • 1991.3 歯学博士学位取得(口腔病理学)
  • 1991.4 城西歯科大学口腔病理学講座 退籍
  • 1991.9 神奈川歯科大学矯正学講座 入局(研究生)
  • 1999.3 神奈川歯科大学矯正学講座 退籍
  • 2007.1 GIRCインプラント研究会 100時間研修終了
  • 2011.1 一次救命処置 BLS 受講
  • 2011.4 JSOI インプラント認証医資格取得
  • 2014.3 JSOI インプラント専門医資格取得

【その他】

    • 日本矯正歯科学会会員
    • 東京矯正歯科学会会員
    • 日本MEAW研究会会員
    • 日本インプラント学会会員、等

 

職歴(Employment career)

  • 1984.5 (医)仁岳会 西東京歯科医院本院 就職(東京都羽村町)
  • 1987.12 同上 退職
  • 1988.1 関歯科医院 開設(所沢市)
  • 1992.8 (医)明誠会 関歯科/矯正歯科医院 法人変更
  • 1992.9 (医)明誠会 アルファ歯科/矯正歯科医院
    分院開設 アルファラボ(技工所)併設
  • 2000.1 清水歯科医院(港北区大倉山)矯正及びインプラント専任非常勤勤務
  • 2007.3 高橋歯科医院(市原市)矯正専任非常勤勤務
  • 2008.1 (医)明誠会 関歯科/矯正歯科医院とアルファ歯科/矯正歯科医院を併合し、新設移転
    (1F.診療室 2F.歯科技工室併設)
  • 2008.3 宮内歯科医院(浦安市)矯正専任及びインプラント補助非常勤勤務