2024年 推奨血圧基準値の変更

なんと、今年の4月から血圧の基準値が変わりました!!

特定健診における勧奨と判定する基準が
140/90mmHg から 160/100mmHg になりました。

現在 正常血圧は120/80mmHg未満とされています。
120/80mmHg以上になると「正常高値血圧」「標準高値血圧」などと言われます。

これは脳卒中や心臓病にかかるリスクが高くなるため「正常値の範囲内だけれども高めの血圧で注意が必要ですよ」 ということです。

さらに高くなり140/90mmHg以上で初めて「高血圧」と診断されます。

この「高血圧」の基準が 今年4月から 160/100mmHg になりました!!
という事は今まで高血圧で血圧を下げる薬を飲んでいた人は 飲まなくてもよくなる場合もあるという事でしょうか?

正常とされる血圧の値は 昔の基準からどんどん下がったきた歴史があります。
年齢プラス90が上の血圧の基準だった時もあるくらいです。
それが今回のガイドラインにより 推奨される血圧の基準が上がったというのだから驚きだ

これはテレビのトップニュースで流れてもいいくらいの衝撃ニュースなのにテレビでは放映されているのを見た事がない。製薬会社への忖度ととられても仕方がないのではないだろうか?

高血圧で通院されている人は、是非主治医に降圧剤服用の継続が必要か否かを聞いてほしい。